お知らせ

【第一回】血行の良くなるツボを紹介します!【本格指圧マッサージの養生堂】

 

特に夏場は血行不良を起こす問題が多いです。身体全体に栄養を運ぶのが血管の仕事なので、血行が悪くなると体全体に悪影響が出てきます…

血行不良の状態では、全身の細胞に酸素や栄養が十分に供給されず、細胞の新陳代謝が低下してしまいます。全身の血流を良くする為には、ツボを刺激するのが効果的!

 

そこで今回から4回に分けて、血行を良くするツボの中でも、自分で気軽に押すことの出来る手足のツボを中心に紹介します。ツボを押すことで、全身の血流を改善され、より健康なカラダを手に入れられます!

 

一回目である今回と次回は、手のツボについてです。

 

合谷(ごうこく)

陽池(ようち)

労宮(ろうきゅう)

の3つです!
それでは一つずつ、場所や効果を見ていきましょう。

 

 

合谷(ごうこく)

合谷の位置は、親指と人差し指の骨が合流する部分の気持ち人差し指よりの場所です。ちょうど凹んでいるあたりです。


合谷のツボは、万能のツボと言われていて、頭痛、肩こり、五十肩、精神的な症状、大腸の調子を整えるなど色々な効果が期待できますが、それだけでなく目の疲れや手足の冷えなどの改善も期待できます。

 

 

陽池(ようち)


陽池は、手の甲側の手首の横ジワのある中央付近にあります。指で押すとへこんでいる部分です。

 

陽池のツボは、冷えを改善するツボとして知られています。気血の流れを良くすることで、血行不良を改善する効果が期待できます。特に、陽池のツボを刺激すると、手足の先まで血液を送ることが出来ます。

 

 

労宮(ろうきゅう)

労宮の位置は、手の平の中央にあります。具体的には、手を軽く握った時に中指と薬指の先が触れる部分です。


労宮のツボは、ストレス、疲労、不眠などの解消が期待できます。

 

 

 

このように、どのツボも血行を良くするのに十分な効果があります。
自分に合ったツボを見つけて血行を良くしていきましょう!

もちろん当店でも、プロによる本格的なマッサージであなたの血行を良くします!

春日駅、後楽園駅どちらからでもすぐですので、ぜひ一度お試しください!